喪女の独り言

21歳 実家暮らし喪女の掃き溜めです。

推しの下着。

現場では推しを一瞬足りとも見逃さないために全身舐め回すように見ます。


推しの履いてるパンツが見えました。

outdoorでした。

可愛かったです。


たとえ、白ブリーフでも私は受け入れます。


なんならノーパンでもよし。